町おこし・村おこしのシンボル ~寺内町せんべい~

大阪府下では唯一、国の伝統的建造物群保存地区(町並みの重要文化財)に指定されている富田林寺内町。保存地区に残る江戸時代の寺院や町家をモチーフに、それぞれの外観的な特徴を図柄に取り入れて焼印された、玉子風味の煎餅です。

寺内町煎餅の絵柄となっている寺院・町家

近鉄富田林駅前の和菓子老舗・「柏屋葛城堂」(江戸時代・天保年間の創業)で,製造・販売されています。 富田林商工会のむらおこし産品にも指定されています。

1箱16枚入で700円也、中には寺内町の説明書も添えられています。寺内町ご訪問の記念にお土産品として好適です。



2006年5月28日
「富田林寺内町の探訪」
http://www5d.biglobe.ne.jp/~heritage/

"町おこし・村おこしのシンボル ~寺内町せんべい~" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント