テーマ:地酒

幻の地酒 万里春(バンリノハル)

大阪府の南東部 富田林は江戸時代から明治時代にかけて酒造業が盛んに行われていました。今でも江戸時代の酒造業で栄えた商家の町並みが残り、多くの酒蔵や米蔵が立ち並んでいます。昭和57~58年(1982~83年)頃までは、「万里春(バンリノハル)」と呼ばれた地酒が石田家で製造されていました。当時は近鉄富田林駅のこげ茶色のペンキで塗られた木製ベ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more