8月27日(日) 富田林 「寺内町燈路」イベントのお知らせ

江戸時代の町家が軒を連ねる富田林・寺内町地区。大阪府下で唯一の国の重要伝統的建造物群保存地区に指定されているこの地区で、地元の「富田林寺内町をまもりそだてる会」が夏の風物詩として企画している「寺内町燈路(じないまち とうろ)」が今年も8月27日(日)夜に開催されます。ひとりひとりの思いや願いが文字や絵柄に込められた数百個の行灯が通りの両側に並べられて、周りが暗くなった午後7時から2時間、一斉点火されます。

(寺内町燈路)
1.日時: 2006年8月27日(日) 午後7時~午後9時
2.場所: 富田林寺内町 城之門筋(南北)及び富山町(東西)
3.現地への行き方: 近鉄長野線 富田林駅(南口)下車 徒歩約10分
              (近鉄 大阪阿部野橋駅から河内長野行き準急で約30分)
4.問合せ先: じないまち交流館 (電話: 0721-26-0110)

一昨年、昨年に続いて、今回が3回目の開催となります。「富田林寺内町をまもりそだてる会」では、地元住民に加えて、多くの皆さんに行灯を製作してもらい、開催当日には自らが製作した行灯を実際に通りに並べて、過ぎ行く夏の思い出にしてほしいと企画されています。

今年4月に開館した「じないまち交流館」では、一般参加用に8月1日から「行灯」を100個を用意して、先着順で一個1200円で有料頒布される予定です。行灯に自分の好きなデザインの絵柄を書いて、27日当日には通りに並べて一斉点火されます。

 
(2004年の寺内町燈路の写真です。)

寺内町燈路のイベントに合わせて、8月27日(日)日中には寺内町一帯や本町公園、富田林駅前楠公通りで「土曜市」が開催されるほか、行灯の一斉点火が行われている午後7時半から8時半まで、「じないまち」交流館内部でクラシック音楽の弦楽四重奏(無料コンサート)も開催される予定です。富田林寺内町地区では、今年6月から毎月第二土曜日に地元商店街店主の有志の方々が中心になって「土曜市」が開催されています。 8月は27日(日)開催予定の「寺内町燈路」に合わせて、毎月恒例の「土曜市」は8月27日(日)に開かれます。

白壁や板塀に囲まれた江戸時代の伝統的町家を歩いて巡りながら、夏休み最後の日曜日の夕方、ご家族やお子様連れで「寺内町燈路」にお越しになってみませんか? この夏、浴衣姿で外出機会のなかったあなたや、まだ、社会科などの自由研究の宿題が残っている子ども達には、江戸時代の町をテーマにスケッチや写真撮影もお勧めです。今からスケジュール表にご予定を。。。。。 



お問い合わせは「富田林寺内町をまもりそだてる会」までお気軽にどうぞ。(電話: 0721-26-0110、じないまち交流館へ) 皆さんお揃いで富田林寺内町に足をお運びになってみてください。

2006年7月9日

歴史散歩 (富田林寺内町の探訪 管理人)
http://www5d.biglobe.ne.jp/~heritage/



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック